前々から気になっていた張り子人形作家 荒井 良氏の展示が銀座の三越で行われていたので先日見に行ってきました。

~江戸からの系譜~「荒井良の妖怪張り子」と「現代の根付」展


 私が最初に氏の作品を見たのは確か、京極夏彦の「巷説百物語」の表紙絵だったと思います。


 その時調べたら材質が紙だと分かり、写真を見る限りではとてもそうは見えなかったので驚いた覚えがあります。
 だからいつか実際に見てみたいと思っていました。
 そして見た感想としては、やはり多くの方が既に述べているように紙には見えませんでした。
 私自身が張り子の技法に関しての知識がないこともありますが、質感もさることながら、紙でここまで複雑な立体物が出来るという点に驚かされました。
 また、各々の妖怪がなんとも味わい深かった表情でよかったです。
 欲を言えば、会場の照明をもう少し薄暗く設定していただきたかった。そうすれば尚雰囲気が出たのではないかと思います。僭越ながら。

 何はともあれ、実物がやっと見れてよかったです。

 開催期間があとわずかですので興味を持たれた方はお早めに。

 では、また

【関連リンク】

慢性張り子症(荒井良・工房もんも 公式ブログ)


1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
< 2017/ 09 >

作品リスト

立体

[fg]外部ウィンド

写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from .cell. Make your own badge here.

ドット絵