6月末に塗装したシーラカンス、詳細は後日と言いつつ2ヶ月経過…
 本日改めて撮り直し、掲載します。

シーラカンス(オリジナルカラー)




 そのままでは不安定だったのでアクリル板を加工して土台を作り、接地面にアルミ棒を通して固定しました。
 光が屈折しているのでほとんど支持棒が見えなくなりました。


 
 

 前後左右の画像です。

 以下は簡単な塗装工程です。

(1)離型剤除去後、エアブラシで白(ラッカー)を塗装し下地にする。



(2)本体部分を緑系の色(エナメル)で筆塗り。
 画像の左上から光が当たっていると仮定し、光が当たる面を溶剤を含んだ綿棒で拭き取り下地の白を出す。



(3)乾燥後、薄く溶いた青系の色(エナメル)を何度か塗り重ねる。
 鱗の先端などを所々塗装を拭き取る

(4)(2)と(3)の工程を何度か繰り返す。

(5)残った部分(口、目)を塗り、半ツヤのトップコートをかけ完了。

 甚だ簡単ながら以上が塗装工程です。


 シーラカンスのことは名前くらいは知っていますが、実際にはどんな魚なのか全く知識がありませんでした。
 なので今回も思いつくまま塗らせていただきました。
 その結果は、「ずいぶん凶暴な顔になったな」、です。
 塗っている途中からそんなふうになりそうな感触があったので、歯なども赤くして逆に目立たせたのですが、いかがでしょうか?


 ここまで書いていて、「そもそもこのシーラカンスはどこで手に入れた?」ということを全く書いていないことに気づきました。
 このシーラカンスは私のブログ上でも何度か掲載させて頂いている アクラプラントの守亜 氏が以前Twitter上で開催していた「アクリジョンキット ペイントトライ!おかわり!!」という企画外部ウィンドの参加賞として頂いた景品です。
 ちなみに、その時出品したのは以前に掲載したアクリジョンキットの蛙です。(2015年4月12日掲載

 その原型師たる守亜 氏ですが、近々都内で個展を開催されるので、僭越ながら文末に情報を掲載しておきます。
 ご興味持たれた方はどうぞそちらも(会期が短いのでご注意を)

 以上、シーラカンス塗装報告でした。
 では、また

守亜作品展 2015 ~Netsuke/8 to 9/Ten~



  • 会期:2015年 9月 8日(火)~ 9月13日(日)
    13:00~19:00
  • 場所:Gallery 花影抄外部ウィンド
    〒113 - 0031
    東京都文京区根津 1-1-14 らーいん根津202(>>地図外部ウィンド

【関連リンク】
【関連過去記事】

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
< 2017/ 09 >

作品リスト

立体

[fg]外部ウィンド

写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from .cell. Make your own badge here.

ドット絵